2016年10月11日

天然アユ再生

豊川に、天然アユが遡上してくるのが、年々少なくなっていて
釣り人も漁協も心配しています。
天然アユ再生プロジェクトを、市民と漁協など関連団体と協力して
進めています。
今年は、水量が多く遅れていましたが、
少し手を入れて産卵場所に適する瀬の部分を拡張する工事がやっと終わり
見学会があるというので出かけました。
20161010豊川天然アユ再生prj.jpg
長靴スタイルで集合。
川には入れませんでしたが、
説明を聞きながら、産卵場所工事の現場を確認。
kasennkengaku2se.jpg
天然アユは大きさも数量も減っているということで、
今後が心配されています。
ただ稚魚を放流するだけでなく、
生育環境など全体の自然保全を進めていかないと難しいですね。
関係団体の足並みもそろえた協力が必要ですし。
まだまだ課題山積の天然アユ保護活動です。
posted by エコ路地 at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然観察会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする