2008年12月04日

生物多様性

zetumetugrafs.jpgここ30年、今までとは比べ物にならないスピードで、絶滅している生物が増えています。1年で4万種!これは、つまり、お互いの存在が自身の生命維持に関わりを持つということに他なりません。やさしく言うと、ある種の生物が居なくなることによって、餌や生育環境が変わって生きていけなくなるということ。
 食べ物の一部は、栽培や飼育をしてはいますが、自然の生き物と同じように、生きる環境(気候や地形やさまざまな条件)がそろわないと、養殖だって畑だって収穫は望めません。人間だけの都合で、森林を伐採して道路や住宅を作ったり、便利な生活を得るのに空気や水を汚染してきた暮らし方は、結局私たちの身にも降りかかってきています。

 どうしたらいい? 私は、できるだけ石油に依存しない生活にしていきたいと思います。無駄に暖房を使わず、公共交通機関を利用し、天然繊維を選んでいます。この程度では、まるで追いつきませんけれどね。少なくとも危機感は持っていないと。
たくさんの生き物が住める、地球という星で、暮らしたい。大自然の中で生きる生物たちと、一緒に暮らすのには、分をわきまえた暮らし方が、長続きしていけるのだと思います。

宇宙船“地球号”のブレーキは どこ?
posted by エコ路地 at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | エコロジーな世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック