2017年08月25日

浜辺の異常

2日ほど前、高温が続き北西の風が吹き、
三河湾の奥まった東側に苦潮が発生する条件がそろってしまいました。
赤潮は、プランクトンの異常発生などで、海水が赤く見える状態で、
海水中の酸素が使われてしまい
海の生物にとっては大変困った現象です。
似たような現象ですが、苦潮というのは、
通常海底に近い部分の酸素含有量の少ない水塊が
上層部分と入れ替わって、貧酸素水が上がってくるので、
魚類などが酸素不足になって上に浮き上がってくるものです。
通常、海水の色が青っぽく見えますが、
プランクトンの種類により、赤や茶色っぽくなることもあります。
で、
今日の午後に浜に行ってみると、引き潮で浜が現れていて、
アオサが打ち上げられていました。
エイとアオサ.jpg
ん?エ?エイ
沿岸のエイ.jpg

いっぱいだぁ〜〜

ギョギョギョ魚魚魚
石段の魚の死骸.jpg
海の環境が変わると、海中や浜で暮らす生物に多大な影響を与えます。
住みやすい環境を維持することが大事ですね。

posted by エコ路地 at 15:25| Comment(0) | 自然観察会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。